小椋一葉氏の大発見 ニギハヤヒはスサノオの息子だった(1)

スサノオと大国主は親子ではないと私は主張している訳だが、実は本当に大事なのは皇国の本主であり、かつて日本の最も広大なエリアで崇敬を集めた日本の根源神であるスサノオの本当の息子、つまり正当後継者は誰なのか?という事なのだ。これについて小椋一葉氏の主張をまとめてみる。

【ニギハヤヒ】

私はこの書の冒頭で、自明のごとくニギハヤヒをスサノオの子供として紹介してきた。ニギハヤヒ(饒速日)。彼が別名をオオトシ (大歳・大年)といったスサノオの第五子であること、それを私はすでに知っていたからだ。

ヤマトタケルに取り組んでいた時に、草薙剣の謎に突きあたり、このニギハヤヒなる人物が捜査線上に浮かび上がってきたからである。

以下、彼がスサノオの子供と判明するに至った捜査経過を簡単に報告しておこう。

私は、「問題人物の身元調査は徹底的に神社を調べる」といういつもの方法で、さっそくニギハヤヒを祀る神社の調査に取りかかった。すると、まず思いがけない事実が愛知県一宮市にある真清田神社から出てきた。この社の由緒記に

「祭神は天火明命(詳しくは天照国照彦火明命、一つに天照国照彦天火明櫛玉饒速日命)と言い、真清田の農業地帯を開拓された尾張氏の祖神である」

と記されていたのだ。

もちろん、注目したのは「天照国照彦天火明櫛玉饒速日命」という立派なフルネームと、それに、多くの神社に、「天火明命」の神名で祀られていたのがニギハヤヒのことで、彼のフルネームの一部だったということである。

(注 厳密に言えば、ニギハヤヒは物部氏の族長で、天火明命は海部氏の族長なので異なる神である。これを抑えておかないと古代史の細部が見えなくなる。しかし、物部氏と海部氏は同じ徐福の後裔一族で彼らの最高神という意味では同じ神になる。現代の天皇陛下が天照大御神と一心同体であるように、古代の特別な氏族の族長の神と一心同体だった。以前の記事で書いたように天照大御神の正体は「天照国照彦天火明櫛玉饒速日命」であるので、天皇陛下は実は天照国照彦天火明櫛玉饒速日命と一心同体の現人神となり、我々日本人が崇める神は実は物部の神である事が分かる。)

他にこのフルネームで祀っている神社を探してみると、愛媛県北条市の国津比古命神社と、もう一社福岡県鞍手郡宮田町の天照神社がやはりこの長い諡名で祀っていた。国津比古命神社の方は、記録に「物部阿佐利が風早の国造に任ぜられて、饒速日尊および宇摩志麻治命を祭祀、櫛玉饒速日命神社と称した」と書かれている。

コメント