日本教育よ。自虐史観から脱却せよ

真実を教えるのは自虐史観ではありません。自虐教育とは史実と違う事を教えていたずらに日本をおとしめる教育の事だと私は考えています。

まずは櫻井よしこさんの次の主張をご覧ください。

「 『南京虐殺』の虚構 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト
政治ジャーナリスト、櫻井よしこのオフィシャルサイトです。

1万人前後、私はもう少し少ないと思いますが妥当な数字だと思いますよ。亡くなったのはどのような方だかご存知ですか?ほとんどが戦闘員です。戦争をすれば残念ながら戦闘員の犠牲が伴います。

それは国際法で禁じられた東京大空襲(10万人)や原爆投下(広島20万人、長崎14万人)のような民間人の虐殺とは全く違うという事は理解されていますか?

南京戦の直前に、南京住民の20万人ほどが安全区へと脱出していました。日本軍はそこを攻撃しなかったので、安全区の民間人にはほとんど被害はありませんでした。

中国軍守備隊の司令官・唐生智が敵前逃亡し、中国軍の指揮系統が混乱しはじめます。旧日本軍陸軍大将・松井石根の発案で降伏勧告をしますが、守備隊は応答しませんでした。そんな南京守備隊を見た旧日本軍は「守備隊は降伏しない」と判断し、攻城戦から城内に入って殲滅戦に切り替えて、南京へ入ります。

しかし、状況は変化していきました。中国兵の多くは軍服を脱ぎ捨て、民間人に化けて南京の安全区に逃げ込みました。彼らが便衣兵です。彼らは守るべき民間人の中に紛れて民間人を危険に晒したのです。安全区に逃げ込んだ中国兵の中には、武器を隠し持ち市街戦を準備する者、また安全区内で強姦や、略奪、殺人などを行ない、それを日本兵のしわざに見せかけたり、被害者を脅迫して「日本兵が犯人」と言わせる反日工作の者たちもいました。このような戦闘行為は国際法で不法戦闘と定められています。

根拠としては例えば通州事件などが挙げられます。中国人が日本軍の行為と主張する虐殺行為はあまりにも日本人の慣習と掛け離れています。逆に中国で日本人が虐殺された事ははっきりしています。通州事件とは、1937年7月29日に中国の通州において冀東防共自治政府保安隊が、日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃・殺害した事件です。通州事件では約400人の在留日本人のうち200人が虐殺されました。女性たちは辱められ、遺体を切り刻まれ、中国兵たちは切り落した頭部で遊んだとさえいいます。首を固定化で吊るされている人たちも目撃されました。彼らは食事も家も与えられず放置され 何日間もの間苦しんで死に至ったのでしょう。これらは、南京で日本人がした残虐行為だと中国政府が主張するものと酷似しでいます。

日本軍は便衣兵を見つけ出すと、彼らのうち特に反抗的な不法戦闘員数千名を処刑しました。国際法では、こうした不法戦闘員は「捕虜」としての扱いを受けることができず、処刑されても致し方ないとされているからです。こうした不法戦闘員の処刑が、誤って「捕虜の虐殺」と伝えられた面もあります。

しかし日本軍は、一方で、市民や捕虜に対し多くの人道的援助活動を行なっています。

日本軍が非難されるべき点は兵站も間に合わないほど予定より早く南京が陥落したために、日本軍は自分たちの食料も満足に確保できないまま大量の捕虜を抱えてしまったために、中国人兵士は捕虜収容所に入れられたりもしましたが、処刑された兵士がかなりいたという事でしょう。処刑された捕虜の中には不法戦闘員でなかった者もいたと私は考えています。

詳しく調べて行くと日本側の主張には一貫性も根拠もある事が分かります。南京戦の直前に、南京住民の20万人ほどが安全地帯へと脱出していました。当時南京に住んでいた住民の9割に近い数字です。つまりこの段階で30万人〜40万人が虐殺されていた、という中国側の主張には疑問がもたれることがわかります。

南京市の人口は、日本軍の南京への攻撃開始前に約20万人でした。20万人しかいない所で、どうやって30万人を殺せるでしょう。しかも日本軍の南京占領後、南京市民の多くは平和が回復した南京に戻ってきて、1ヶ月後に人口は約25万人に増えているのです。もし「虐殺」があったのなら、人々が戻ってきたりするでしょうか。

これだけでは説得力が無いので根拠をお示しします。日本軍の南京への攻撃開始の約1週間前の1937年11月28日に、警察庁長官・王固磐は、南京で開かれた記者会見において、「ここ南京には今なお20万人が住んでいる」と発表しています。そののち日本軍は12月13日に南京を占領しました。それから5日後、12月18日には、南京国際委員会(南京の住民が集まっていた安全区を管轄する委員会)が人口「20万人」と発表しています。また12月21日には、南京外国人会が「南京の20万市民」に言及、さらに南京陥落から1ヶ月後の1月14日には、国際委員会が人口「25万人」に増えたと公表しているのです。

住民が戻ってきたのです。上智大学の渡部昇一教授によると、南京陥落から1ヶ月後に日本軍が約「25万人」の住民に食糧を配ったとの記録も残っています。日本軍は、虐殺どころか捕虜へタバコや食料を渡したり、暴行や難民収容所への関係者以外の立ち入りを厳しく禁じたりと、捕虜に対する配慮が行き届いている部隊もあったとする説もあります。これから虐殺する人に対してこういった行為は見られるでしょうか?

また占領後、日本軍は、民間人に化けた中国兵と本当の民間人を区別するため、ひとりひとり面接をしたうえで、民間人と認められた人々に「良民証」を発行しています(1937年12月から1938年1月)。60歳以上の老人と10歳以下の子どもは兵士ではないでしょうから、その間の年齢の人々に良民証を発行し、その発行数16万人に達しました。南京国際委員会のメンバーとして南京にいたルイス・スマイス教授は、南京の日本大使館の外交官補・福田篤泰氏に宛てた手紙の中で、「この数によれば南京の人口は25万~27万人程度だろう」と書いています。このように南京占領後、南京の人口は増えているのです。

便衣兵の逮捕、処刑がいわゆる南京事件の引き金になったといわれていますが、彼らが武装解除できているかどうか分からなかったから止むを得ず処刑した可能性もあるでしょう。また、証拠写真の検証から、虐殺者が日本軍ではなく蔣介石が率いた国民党軍によるものだったという可能性も浮かびあがってきています。

中国側は、1946年に蒋介石が率いている中国国民党政府によって開かれた「南京軍事法廷」での判決にもとづき、30万人以上だと主張。中国共産党政府や国軍歴史文物館なども同様の見解を持っています。はっきり言って彼らの主張に根拠を見いだす事は出来ません。

南京事件に関するある新聞社のスクープによって蒸し返され、中国がこのネタに飛びつきます。まず中国では、南京において虐殺があったことを示す博物館が建設されます。さらに「ザ・レイプ・オブ・南京」というタイトルで、旧日本軍がおこなったとされる悪行を世に知らしめるための書籍が発表されています。この本は真っ赤な嘘です。

こういうなるべく、史実に近い教育をされていれば、それは自虐教育でもなんでもありません。全く問題ないと思います。

コメント