天照大御神がニギハヤヒをモデルに作られた人工の神である

ニギハヤヒ は『日本書紀』などの記述によれば、天磐船に乗って河上の地に天降り、その後大和国(奈良県)に移ったとされている。

『先代旧事本紀』では、「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」(あまてる くにてるひこ あまのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)といいアメノオシホミミの子でニニギの兄である天火明命(アメノホアカリ)と同一の神であるとしている。

19世紀初頭に出現し、後世偽書とされた『上記(ウエツフミ)』にもニギハヤヒへの言及がある。上記によるとニギハヤヒは別名・火明(ホアケ)の命であり、天孫の斎(いつき)として、九州・臼杵の河内山に降臨したとある。

ニギハヤヒ が降臨する時、驚異的なかずの随伴神を伴っている。それについてはまたの機会に分析するとして、主だった随伴神をあげてみよう。

物部氏の史書と言われる旧事本紀の天神本紀には、天降ったおりに高皇産霊尊から防衛(ふさぎのもり)として以下の神に命じて随伴させたとある。

天香語山命(あめのかごやまのみこと)、 尾張連(おわりのむらじ)らの祖
天鈿売命(あめのうずめのみこと)、猿女君(さるめのきみ)らの祖
天太玉命(あめのふとたまのみこと)、忌部首(いむべのおびと)らの祖
天児屋命(あめのこやねのみこと)、中臣連(なかとみむらじ)らの祖
天櫛玉命(あめのくしたまのみこと)、鴨県主(かものあがたぬし)らの祖
天道根命(あめのみちねのみこと)、川瀬造(かわせのみやつこ)らの祖
天神玉命(あめのかむたまのみこと)、三嶋県主(みしまのあがたぬし)らの祖
天椹野命(あめのくぬのみこと)、中跡直(なかとのあたい)らの祖
天糠戸命(あめのぬかとのみこと)、鏡作連(かがみつくりのむらじ)らの祖
天明玉命(あめのあかるたまのみこと)、玉作連(たまつくりのむらじ)らの祖
天牟良雲命(あめのむらくものみこと)、度会神主(わたらいのかんぬし)らの祖
などなど、他にも多数

一方ニニギノミコトの降臨に際しては五伴緒(いつとものお)と呼ばれる随伴神が従った。

すなわち、天児屋命、布刀玉命、天宇受売命、伊斯許理度売命、玉祖命の五神である。

両方を比べ読みすると、ニギハヤヒ の降臨伝は非常に詳細で具体的である事がわかる。そして、ニニギノミコトの随伴神であるが、天児屋命、天宇受売命はニギハヤヒにも随伴している。では布刀玉命、伊斯許理度売命、玉祖命はどうだろうから?

布刀玉命(フトダマのミコト)は、日本神話に登場する神であり、『古事記』では布刀玉命、『日本書紀』では太玉命、『古語拾遺』では天太玉命(あめのふとだまのみこと)と表記する。忌部氏(後に斎部氏)の祖の一柱とされている事から言っても、ニギハヤヒ の随伴神である天太玉命(あめのふとたまのみこと)、忌部首(いむべのおびと)らの祖と同一神である事は間違いない。

伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)またはイシコリトベは、日本神話に登場する神である。作鏡連(かがみづくりのむらじ)らの祖神、天拔戸または天糠戸の子とされている。『古事記』では伊斯許理度売命、『日本書紀』では石凝姥命または石凝戸邊命と表記されている。つまり、ニギハヤヒの随伴神天糠戸命(あめのぬかとのみこと)、鏡作連(かがみつくりのむらじ)らの祖の子供である。

玉祖命(たまのおやのみこと)は、日本神話に登場する神である。玉造部(たまつくりべ)の祖神とされる。『古事記』にのみ登場する。『日本書紀』にはこの名前の神は登場しないが、同神と見られる神が登場する。『日本書紀』の岩戸隠れの段では、八尺瓊勾玉を作ったのは「玉造部の遠祖・豊玉神(とよたまのかみ)」(第二の一書)、「玉作の遠祖、伊弉諾尊の児・天明玉命(あめのあかるたまのみこと)」(第三の一書)としている。どちらも玉造部の祖としていることから玉祖命と同神と考えられる。これはニニギノミコトの随伴神天明玉命(あめのあかるたまのみこと)、玉作連(たまつくりのむらじ)らの祖と同一神である。

なんとニニギノミコトの随伴神五伴緒(いつとものお)のうち、4神までがニギハヤヒ の随伴神である。そして残る一神に関してはニギハヤヒの随伴神天糠戸命の息子イシコリドメノミコトがニニギノミコトの随伴神である。

こんな事は記紀と旧事本紀を比べ読みしていれば誰でも気づくことである。あえて私が指摘するまでもあるまいと今まで触れてこなかった。しかし、流れで触れざるを得なくなったし、おそらく私は書籍論文合わせて古代史関係で500以上は目を通していると思うが、このことに関する指摘は見たことがない。

この事から何がわかるのかといえば、天照大御神がニギハヤヒをモデルに作られた人工の神であるという事だ。いきなり、この結論に至るのは飛躍があると感じるだろう。それはこれからの論の展開で埋めていきたい。

古田椎陰説として古田椎陰のブログ、日本古代史完全解明フェイスブックページ及び、フェイスブックグループ古代史研究会で正式に発表する。

なんとニニギノミコトの随伴神五伴緒(いつとものお)のうち、4神までがニギハヤヒ の随伴神である。そして残る一神に関してはニギハヤヒの随伴神天糠戸命の息子イシコリドメノミコトがニニギノミコトの随伴神である。この事から何天照大御神がニギハヤヒをモデルに作られた人工の神であるという事が分かる。

コメント