スサノオと大国主の研究

出雲を解き明かすキーパーソンは紛れもなく、スサノオと大国主だ。この2柱の神が何者なのかを解き明かす事が出来れば、出雲の正体迫るが出来る。 まず、取り上げたいのがあまり知られていない、出雲と紀伊の関係だ。須佐神社(すさじんじゃ)は、島根県出雲市にある神社である。式内小社で、旧社格は国幣小社。 一つだけ解説しておくと式内社というのは 延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)に記載されている神社という意味である。 御祭神は 須佐之男命(すさのをのみこと) 稲田比売命(いなたひめのみこと) 足摩槌命(あしなづちのみこと) 手摩槌命(てなづちのみこと)(須佐家の祖神) である。 『出雲国風土記』にも登場する須佐神社は、島根県中部を南北に流れる神戸川の支流、須佐川のほとりに鎮座している。 この地は日本神話に登場する神であり、ヤマタノオロチを退治した英雄である須佐之男命(すさのおのみこと)に関わりが深く、『出雲国風土記』の須佐郷の条には、須佐之男命が当地に来て最後の開拓をし、「この国は小さい国だがよい国だ。自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と言って「須佐」と命名し、自らの御魂を鎮めたと記されている。全国には須佐之男命ゆかりの神社が数多くあるが、ここは唯一須佐之男命の御魂を祀る神社である。

コメント