戊辰戦争旧幕府軍総裁榎本武揚が作った流星刀

鉄隕石を使用して製作された刀剣は世界各地で見られ、日本では「流星刀」が知られている。幕末の新政府軍と旧幕府軍が衝突した戊辰戦争。旧幕府軍は敗走を続け北海道に蝦夷地共和国を作り、総裁が榎本武揚だった。敗戦後、敵将だった黒田清隆や縁故のあった福沢諭吉の嘆願により助命され、明治政府の役人になる。駐露特命全権公使としてサンクトペテルブルクに赴任していた時、武揚は鉄隕石で作った剣の存在を知る。海外では既に作られており、ロシア皇帝も秘宝として所持していた。これにいたく感動した武揚は、日本でも鉄隕石による刀を作ることを夢見るようになった。榎本武揚は自費で鉄隕石を購入し、刀工・岡吉国宗に作刀を依頼する。普通の鉄より柔らかくて扱いに苦労したとのことで、結局鉄隕石3、鋼2の割合で混合して日本初の隕鉄刀が生まれた。流星刀は長刀3振り、短刀2振りの計5振りが作られ、一部が当時皇太子だった大正天皇に献上されたとのこと。

天から授けられた王権の象徴である流星刀だからこそ、大正天皇に献上されたと考えるのは空想が過ぎるだろうか?

コメント