大国主が八十神という上の兄弟を差し置いて国王になれた訳

さて、大国主の国づくりが始まる前にもう1つ説明しておくことがある。大国主には八十神という上の兄弟がいる。しかしそんな兄達を差し置いて大国主は先に国を持つことになるのである。ではどうして、そういうことになったのだろうか、大国主の国づくり神話の前に、まずこれを説明しなけばつじつまが合わなくなってしまうので、話をしていこう。

大国主の兄弟たちは稲羽の八神上売(ヤガミヒメ)に求婚したいと思ったため、国を大国主に譲ってしまったのである。稲羽に向かうとき、兄弟たちは大国主に袋を持たせ、従者のように引き連れていく。

『気多の前』に来たとき、裸の兎がその場で伏せっていたのである。ウサギは、兄弟たちに『海塩を浴び、山の頂で、強い風と日光に当たって、横になっていることだ』と教えられたとおりに伏せていたが、海塩が乾くにつれ、体中の皮がことごとく裂けていき、痛みに苦しんで泣いていると、最後に現れた大国主が『なぜ泣いているのか』と聞く。

兎は『私は隠岐の島からこの地に渡ろうと思ったが、渡る手段がありませんでした。そこでワニザメを欺いて、「私とあなたたち一族とを比べて、どちらが同族が多いか数えよう。出来るだけ同族を集めてきて、この島から気多の前まで並んで送れ。私がその上を踏んで走りながら数えて渡ろう」と誘いました。すると、欺かれてワニザメは列をなし、私はその上を踏んで数える振りをしながら渡ってきて、今にも地に下りようとしたときに、私は「お前達は欺かれたのさ」といいました。すると最後のワニザメは、たちまち私を捉えてすっかり毛を剥いでいきました。それを泣いたところ、先に行った八十神たちが「海で塩水を浴びて、風に当たって伏していなさい」と教えてくれたので、そうしたところ、この身はたちまち傷付いてしまったのです』と言ってきました。

そこで、大国主は兎に『今すぐ水門へ行き、真水で体を洗い、その水門の蒲の穂を取って敷き散らして、その上を転がって花粉を付ければ、肌は元のように戻り、必ず癒えるだろう』と教えてもらったとおりに兎は試すと、その体は回復した。

これが後に続く『稲羽の白兎』である。

兎は『八十神はヤガミヒメの絶対に手に入れることは出来ない』と大国主に言う。そのとおり、ヤガミヒメは八十神に対しては『あなたたちの言うことは聞かない』とはねつけ、大国主に『袋を背負われるあなた様が、私をあなた様だけのものにしてください』といったため、その兎を神として奉ったとされている。

コメント